バイナリーオプションをするなら、国内と海外の業者があります。多くの方々は、後者の海外の業者に注目しています。判定時間も比較的短いですし、取引の制限回数もないからです。しかし前者の国内業者には、出金に関するメリットがあります。

海外業者の主なメリット

海外の業者は、無制限に取引する事ができます。1日に何回でも取引できるのは、とても便利という声も多いです。
国内業者の場合は、そうではありません。というのも国内のバイナリーオプションの場合は、判定結果が出るのは2時間ぐらいかかってしまいます。海外の業者のように短時間で結果が出る訳ではありませんから、どうしても取引頻度が少なくなってしまう訳です。その点海外業者は結果が出るのもスピーディーですし、取引の回数制限もありません。
また海外業者の場合は、知識テストに関するメリットがあります。国内業者の場合は、テストに合格しない限りは取引を始めることができません。そのテストのハードルは、少々高いという声もあります。海外業者であれば、テストは不要です。

国内業者の手数料のメリット

ところでバイナリーオプションの取引を行っていると、手数料が気になってしまう事があります。特に普段から頻繁に取引する方にとっては、手数料は軽視できません。それを利用に、国内業者を選んでいる方も多いです。
例えばバイナリーオプションの取引をする時に、10円ぐらいの手数料がかかるとします。一見すると、10円はあまり大きい数字でないと思われるかもしれません。しかし1日に何回も取引するなら、その数字も決して軽視できません。
もしも1日に3回ぐらい取引するなら、100日ぐらい取引する時には合計3,000円分ぐらいの手数料がかかってしまいます。10円ぐらいの差額でも、意外と軽視できない訳です。
その点国内業者の場合は、海外よりは手数料が低めに設定されています。取引コストを低く抑えたいなら、国内業者はおすすめです。

国内業者は出金が早い

それと海外業者の場合は、口座から出金するのは時間がかかってしまう事があります。海外から国内に送金するのは、事務作業も少々複雑になる事もあり、数日ぐらいかかってしまうケースが多いです。
それに対して国内業者の場合は、比較的スムーズに送金されます。日本国内は、送金のシステムはかなり整っていますから、振り込みサービスで速やかに送金してもらう事ができます。それだけに出金スピードも早いですし、利便性を求めている方々は、しばしば国内業者に注目しています。