FX取引においては、事前に取引に必要な証拠金をFX業者の口座に入金しなければなりません。また、取引によって得られた利益も、口座に保管されます。そのようなシステムになっていると、仮にFX業者が破綻した場合、口座に預けてある資金がどうなるのか不安になります。

●信託保全による管理
FX業者は民間企業であるため、業績が悪化すれば倒産することが起こりえます。そんな時に、利用者の資産を守る制度が「金融商品取引法」にある「信託保全」という規定です。FX業者は信託保全のシステムを採ることが義務付けられています。

ちなみに、FX業者が倒産すると、運用中のポジションは全て強制的に決済されます。仮に、ポジションに含み損があった場合は損失が確定するため、損失分は保証額から差引かれます。

1.信託保全とは
信託保全とは、FX業者が自社の資産と利用者の資産を別に分け(分別管理)、利用者の資産の管理を第三者の信託銀行等に委託することです。FX業者が倒産すると当然、FX業者に資金を貸付けている債権者はFX業者の資産に対して差押えを図ります。ところが、信託保全がなされている利用者の資産は、差押えの影響を受けません。このシステムによって、利用者の資産は全額守られます。

2.預けた証拠金の流れ
利用者がFX業者の口座に証拠金を入金すると、全額がFX業者から信託銀行に預けられます。利用者が口座から資金を引出す場合も、信託銀行からFX業者を経由して出金されます。また、利用者の口座資金の管理は外部の信託管理人(公認会計士や弁護士等)によって監視されています。信託管理人は定期的にFX業者における信託状況を確認するとともに、信託状況報告書を監査します。

●信託保全の種類
信託保全には「完全信託保全」と「一部信託保全」の2種類があります。完全信託保全は利用者の資産の全て(証拠金、評価損益、スワップ金利など)が信託銀行等に預けられます。一部信託保全というのは、主に利用者の証拠金のみが保全されます。日本のFX業者には完全信託保全が義務付けられています。

●信託銀行等の破綻
FX業者が破綻した場合、信託管理人(受益者代理人)が信託銀行に保管されている利用者の資産を返還する業務を担います。なお、万が一、信託銀行が破綻した場合でも、「信託法」によって利用者の資産は全額が守られます。信託法では信託保全同様、信託銀行に信託された資産を信託銀行の資産とは分別して管理することを義務付けています。従って、信託銀行が破綻した場合も、分別管理している利用者の信託資産は差押さえの対象から外れます。

●海外業者との取引
金融商品取引法は日本の法律であるため、海外のFX業者には信託保全の規定が適用されません。従って、海外業者には信託保全による保証はありません。海外のFX業者と取引する場合は、資金の管理体制を事前に確認することが必須です。ちなみに、海外業者でも大手の業者の場合は、信託保全がきちんとなされています。